未成年の場合はまずは親権者に相談

男性専用のクリニックでは男性器の悩みを解消する治療が人気ですが、こうした治療は未成年者でも利用できるのかは知っておきたいところです。亀頭増大術は特に人気の高い治療で、メスを使わずに注入で行えることが多くなっています。体への負担も少なく、長期の休みを取れない人にも利用しやすい方法です。多くのクリニックでは未成年者の亀頭増大術にも対応していますが、対応年齢はクリニックごとに違いがありますので、まずは治療を受けられる年齢であるかを確認してみましょう。成長がほぼ終わった18歳ぐらいからなら対応できる可能性があります。治療を受けられると判断されても、未成年者がそのまま自分の意思で申し込むことはできません。こうした治療を受ける場合は親権者の同意が必要になりますので、まずは治療を受けたいことを相談しておくことも大切です。クリニックには親権者同伴で申し込みをする場合もありますし、同意書があれば同伴が必要ない場合もあります。

料金と支払い方法を確認

亀頭増大術が成功すれば、悩みを解消することができますが亀頭増大術は保険適用ではありません。いずれの治療を選んだ場合も自由診療での治療となりますので、料金はよく確認しておきます。クリニックごとに治療費は違いますので、相場を調べておくことも大切です。支払い方法も確かめておきましょう。未成年であっても、アルバイトなどで収入がある人は、現金一括で支払うこともできます。治療費が高くなる場合は分割での支払いも考えていきたいところですが、未成年者の場合は医療ローンやカードローンは利用できません。ローンを組む場合は、親権者に組んでもらうことになります。この他の方法では、一旦親権者に立て替えて支払いを済ませておくということも考えたいところです。分割払いではローンのほかには、クレジットカードでの支払いがありますが、未成年者の場合はカードの分割払いができない可能性もありますので、各カード会社の対応を調べておきましょう。

まとめ

亀頭増大術は未成年にも対応しているクリニックがありますが、対象年齢であるかはよく確認しておきましょう。そのままでは申し込みはできませんので、治療を申し込む際は親権者に相談して同意してもらうことも大切です。費用は自由診療となるので高くなる可能性があります。一括で支払えない場合は分割も考えていきたいところですが、未成年の場合はローンは組むことはできません。ローンを組み場合は親権者に組んでもらうことになります。